石けん通信vol.11

年末の大掃除に取り入れて 人に環境にやさしい 石けんでナチュラルクリー二ング

そろそろ、年末の大掃除シーズン。今年は、肌と同じくらいおうちのこともいたわって、ナチュラルなお掃除に挑戦してみましょう。石けんの力で家中をきれいにするレシピを紹介します。

photograph: Mamiko Nonaka text: Ema Tanaka illustration: Shinco Uematsu

261_03

洗濯だけではない
掃除にも大活躍の石けん 石けんは体や衣類を洗うものと思いがちですが、掃除でも十分汚れを落とすことができます。ただし、掃除する場所によって石けんの形状を変えたり、重曹やクエン酸などを加えて石けんの効果を高めるとより使いやすくなります。

人の肌のように家も
「いたわり」で洗う 肌が直接触れる衣類には、石けんを使う人が増えてきました。さらに、石けんを使って掃除をすることで、家の中もいたわってみませんか。石けんは自然に分解されるので流しても負荷が少なく、住みやすい環境作りにつながります。


石けん

お湯に溶かすだけで頑固な油汚れに効く 「プリン状石けん」を作ってみよう


ぬるま湯に粉せっけんを溶かしたプリン状石けんは、弾力のある形状でどこにも塗りやすく、油汚れに強いのが特徴。数日間は使えるので、大掃除を始める前日に準備しましょう。

【 材料・道具 】

 

  • 粉石けん50g ミヨシ そよ風2.16kg 840円
  • ・ぬるま湯(約40~50℃)500mL・計量カップ・タッパー(ふたができるもの)・泡立てるもの(小さい泡立て器を使用、スプーンなどでも可)

  • 【 作り方 】

  • 作り方1

    密閉できるふた付きの容器に、40~50℃くらいのぬるま湯を500mL注ぎます。

  • 作り方2

    01に粉せっけんを50g入れます。ミヨシ石鹸の「そよ風」なら、付属の計量スプーン1杯が目安。

  • 作り方3

    泡立て器やスプーンでかき混ぜます。粉せっけんがすべて溶けて、ゆるく固まってきたらOK。

  • 完成!

    完成直後はゆるいゼリーのような形状。ふたをして一晩おくと少し固まって白くなります。

  • HOW TO USE

    網戸やフロア掃除にも

    足裏の皮脂がついてしまうクッションフロアも、プリン状石けんを使ってブラシでこすり、水拭きを。網戸掃除には、分量よりもお湯をやや多めにして作ったプリン状石けんが塗りやすいでしょう。

    網戸掃除 フロア掃除

    キッチンまわりの油汚れに

    ガス台や電子レンジ、オーブントースターなど丸洗いできない場所や、換気扇やレンジフードなど液だれしやすい場所にも。プリン状石けんを塗りつけてしばらくおいてから、雑巾やスポンジで水拭きを。

    ガス代 レンジ フライパン やかん 掃除


    ※ もっと「石けん」について知りたい方へ「石けんのわかる本」無料で差し上げます。

    せっけんBOOK無料


    次のページ



    Page Top