「無添加」は嘘をついてはいけない 使う人を裏切ってはいけない

いい無添加せっけんには、いい原料が不可欠です

――いい原料からしか、いい無添加せっけんはできないのですね

その通りです。その点で当社はどこよりも恵まれています。何しろ、せっけんの原料となるつくりたてのフレッシュな精製油がパイプラインで運ばれてきて、それをそのまま無添加せっけんにできるのですから。ジュースでも、新鮮な果物をギュッと絞ったフレッシュなやつがいちばん旨いじゃないですか。せっけんもあれと似たようなところがあります(笑)。

――無添加せっけんのファンが増えているようです

とてもありがたいことだと感謝しています。ただ、市場には無添加と称して添加剤を加えた商品がたくさん出回っていますね。それが当たり前になっている現状を当社としてはとても心配しています。なによりお客さまが混乱したり、「無添加」というものにがっかりされたりすることを恐れるのです。

――最後に、無添加せっけんを選ぶ際に気をつける点を教えてください

食品では賞味期限の問題や、内容表示以外の成分を混ぜて販売していた事件が相次いだことで消費者はその点をとても気にするようになりました。食べるものではないにせよ、実はせっけんも直接肌や手に触れるという意味で、その内容成分は使う人にとってとても大切な要素だと思います。お買いになるときは商品裏面の成分表示をよくご覧になって、ほんとうの無添加かそうでないかをよく確かめてから選んでいただきたいですね。

――そもそも、なぜ無添加商品をつくろうとしたのでしょう

『薬事法』では、消費者への情報公開の観点から商品の「全成分表示」(医薬部外品は除く)が義務付けられています。これは言葉通り、その商品に使用されている全ての成分を表示しなければならないという法律です。

それに対して「無添加表示」は、使用されている成分を書くのではなく、逆に使用されていない成分を表示します。例えば「香料、防腐剤、着色料」等を使っていない場合、「香料・防腐剤・着色料は無添加」と表示するわけです。つまり使用されていない成分を書き出し、この商品にそれらが使われていないことを知らせるために「無添加」と表示してあるのです。これが現行の「無添加表示」の法的な根拠です。

何らかの添加物が使われているにもかかわらず、「無添加」と表示した商品を店頭で見かけるのは上記の理由によります。なお「無添加」を規定しているのは『公正競争規約』という名の法律で、「全成分表示」を義務付けた『薬事法』や『家庭用品品質表示法』とは別の法律です。

 

※ もっと「石けん」について知りたい方へ「石けんのわかる本」無料で差し上げます

せっけんBOOK無料

 


Page Top